広島市安佐南区で漆喰の剥がれた屋根の補修リフォーム無料診断を行いました。 写真を見ていただくと分かるように、 漆喰が剥がれて赤土が晒されていました。 屋根の漆喰が主に果たしている役割は、内部に雨水が侵入することを防ぐことです。 剥がれて赤土が晒されている状態という事は 赤土は水を吸収するため、雨が降った後なかなか乾きにくく 乾く前に雨が降るなどして赤土が含む水分が蓄積されていき、 そのままにしておくと雨漏れが起きてしまいます。   漆喰は剥がれる前にひび割れという段階があります。 ひび割れの段階であれば工期も短く、工事の規模も小さく終わるので 漆喰に劣化が見られた場合は、早めに専門家に相談し、 プロの目で診断をしてもらうと安心です。   また、漆喰は消化石というものが主原料であり、 二酸化炭素を吸い込むことで石灰石になり固まっていきます。 その特徴から、呼吸するとも言われており、二酸化炭素以外にも湿気なども吸い込みます。 吸い込んだ湿気が漆喰にまわることで、カビなども発生する可能性があります。 そのままにしておくと、内部までも腐ってしまう可能性があるので 屋根は定期的にメンテナンスをしておきましょう。   小さな気づきが、安心する暮らしに繋がります。 もしもの時のために、日々確認をしておくと安心ですね。