広島県広島市安佐南区で剥がれ傷んでいる外壁塗装の修理リフォーム無料診断を行いました。

写真を見ていただくと分かるように、

外壁の塗装の一部が剥げてしまっていたり、

外壁を触った際に塗装が手についてしまうといったチョーキング現象が起きています。

このチョーキング現象は、代表的な外壁塗装の劣化現象の1つです。

塗料は1番上の表面にある塗膜が保護膜となっています。

この保護膜が雨や紫外線によって分解され、中の顔料が粉上になり

むき出しになってしまっている状態を「チョーキング現象」と言います。

 

一見、お住まいにとってダメージが少ないような印象を受けますが

チョーキング現象は塗装の劣化のサインです。

保護膜が剥がれ外壁を守る力がなくなっている状態のまま放置しておきますと、

紫外線や風、特に雨水からのダメージを受けやすくなります。

酷い場合には雨水がお住まいの内部に侵入したり、

外壁が浮く剥がれる等の現象も起きてしまいます。

 

チョーキング現象は、外壁を触るだけなので誰でも簡単に確認ができます。

塗装の保護膜が紫外線に弱く、日当たりのいい場所で起きやすいので

外壁の南面や西日が当たりやすい2階やバルコニー廻りは特に注意をしましょう。

 

日常的に少しだけでも確認をしておくことで、

早めに異常に気付くことができ安心できますね。