広島県広島市佐伯区で漆喰の剥がれた鬼瓦等の補修リフォーム工事を行いました。

工事情報

工事内容:漆喰補修工事
工事期間:4日間
築年数:35年前後

 

【工事前】

【工事後】

 

工事の様子

早速工事開始です。

新しい漆喰を塗る前に、既存の傷んだ漆喰を撤去していきます。

既存の漆喰を取り除いた後、新しい漆喰を塗る作業へと移ります。

前の工程で古い漆喰を取り除いておいた為、新しい漆喰が綺麗に塗りやすくなっています。

漆喰が全て塗り終えれば、工事完了となります。

今回の工事では、鬼瓦付近の漆喰も傷んでいたため、詰め直しも行いました。

漆喰は屋根に塗っているため、普段から雨や風の影響を受けやすくなっています。

しかし、なかなか屋根の上に登って、漆喰の様子を見る事もありませんよね。

漆喰の劣化に気付いた時には、

お住まいが既に雨漏りしていた、なんてことも珍しくありません。

雨漏りをしてしまいますと、漆喰の補修のみではなく、

内部の天井等の補修費用も掛かってしまいます。

お住まいの傷みは早めに直しておくと、被害を最小限に抑えることが出来ます。

専門家に定期的にメンテナンスをお願いしておくと安心です。

 

普段目の届かないところを定期的にチェックしておくことは、

いざという時に安心できるポイントになります。

家族と話し合っていつでも安心できるお住まいにしておきたいですね。