広島県広島市佐伯区で瓦がずれた瓦屋根の葺き替えリフォーム工事を行いました。

 

工事情報

工事内容:アパート瓦葺き替え工事

工事期間:1週間

築年数:50年前後

【工事前】

【工事後】

工事の様子

早速、工事開始です。

ずれた瓦を一枚ずつ丁寧に撤去していきます。

瓦は強風や老朽化によってずれたり、浮いたりしてしまいます。

瓦を撤去したら桟木も取り外していきます。

「桟木」は瓦の補強・固定に使用する為の木材です。

瓦のずれから侵入した雨水により腐敗した下地の補修をしていきます。

補修は、傷んでいる部分にベニヤ板を釘で打ち込こんでいきます。

下地は長期間瓦の重みに耐えているため、傷んでいることが多い箇所でもあります。

補修作業が終りましたら、

ルーフィング」と呼ばれる防水シートを敷いていきます。

ルーフィングは瓦の隙間から流れ込んだ雨水が建物に侵入するのを防ぐ役割を果たします。

防水シートを敷いたら新しい桟木と瓦を取付けていきます。

今回、取り付けた瓦は「石州瓦」と呼ばれるものです。

石州瓦は凍りにくく、吸水率も低いことが特徴です。

新しい瓦を全て設置したら工事完了です。

 

屋根は劣化が進んでも気づきにくく、

紫外線や雨風を直接受けるため家屋の中でも傷みやすい箇所です。

屋根が劣化すると雨水が家の中に侵入し、

家の骨組みにカビが生えたり、腐敗が始まります。

早め早めに補修してあげることが大切です。

 

先日は雨が降りましたね。

屋根が劣化していると雨漏りが生じます。

定期的にお手入れをしてお住まいを長持ちさせましょう。