広島市安佐北区で地震によりひび割れた壁紙の補修リフォーム無料診断を行いました。

写真を見ていただくと分かるように、

内装の壁紙が数か所ひび割れてしまっています。

こちらは、今年4月9日未明に起きた島根県西部地震によってなってしまったそうです。

広島市では震度3が観測された地震でした。

 

壁紙にひび割れが発生した場合、

下地である石膏ボード、合板、コンクリートといった素材の

影響を受けている可能性が高いです。

また、壁紙の下地の切れ目掃き出し窓の上部部屋の角

衝撃などでもひび割れが起きやすくなっています。

また前述した場所以外や築5~10年以上でひび割れができた場合では、

建物が歪んでいる可能性があります。

ひび割れにも建物内部に影響するものとしないものとがあるので、

見つけたら早めに専門家の方に確認してもらいましょう。

 

最近では、南海トラフ巨大地震が30年以内に起きる確率が70~80%などと

政府の地震調査委員会が発表していることから、地震への対策を考えられる方も多く

耐震工事をされる方が増えてきています。

 

地震による建物への被害は想定することが難しいです。

早いうちにお住まいの現状を把握し備えることで、

地震が起きた際には、

一人でも多くの方が被害を受けなくてすむように願っています。