廿日市市にお住まいのお客様から

「家の外壁に大きなひびが入ってる、心配だからみてもらえませんか」

とご依頼を受け、外壁の無料診断を行いました。

 

写真をを見て頂くと分かるように、

大きなひび割れが出来てしまい、塗装下まで見えてしまっています。

また、外壁に触れてみますと白い粉が付着しました。

この様に白い粉が付着することを「チョーキング現象」と言います。

外壁のひび割れと同様、劣化のサインとなっています。

外壁劣化のサインをそのまま放置してしまいますと、

ヒビ割れから雨水が入り込んでしまうことによって雨漏りを引き起こす可能性があります。

雨水が外壁の素材に入り込み、染みこんで蓄積されてしまいますと

素材の中がどんどん腐食していき外壁内部が劣化していきます。

また、湿気により素材が腐食し、カビが発生しやすい環境となるため、

カビを吸い込んでしまう等人体に影響を及ぼしていく危険性もあります。

 

この様に、外壁の劣化によるお住まいの被害は大きいですが、

定期的にメンテナンスを行い、適切な補修を行えば被害を防ぐことができます。

外壁のひび割れは、傷みの程度の判断が難しいものでもあります。

適切な補修をするためにも、傷みに気付いたら早めに専門家に相談してみましょう。

 

家族の大切なお住まいに永く住んでいくために、

定期的なメンテナンスをしてリフレッシュさせてあげたいですね。