広島市佐伯区で劣化によりひびが入った屋根の補修リフォーム診断を行いました。

 

先日顧客のお客様から、

「1階部分の屋根は塗装してもらったけど、2階も年数が経ってきて気になるので見てほしい」

と依頼があり、早速屋根の無料診断を行いました。

 

今回ご依頼して頂いたお客様は、2年前に1階部分の屋根を塗装したお客様でした。

こちらが2階部分の写真です。

塗装の色も落ちてきて汚れが目立ちますよね。

また塗装が剥げている個所もあり、縦に入ったひびも多数ありました。

このひびにより考えられた原因は、

塗装の劣化によりカラーベストの繋ぎ目の部分から雨水が染み、

寒さで凍り体積が増えたため、表面上にひびとなって傷みが出ました。

 

そこで今回は、ひび割れを補修し塗装を塗り替える工事を提案し、

後日工事を行う事となりました。

 

今回は、屋根の傷みが軽度である

ひび割れの時点で補修をする事ができましたが、

ひび割れを放置していると、雨漏りを引き起こすケースもよくあります。

早めに診断をし適切な補修を行えば、

雨漏りなどの被害を防ぐことができますので定期的にメンテナンスを行いましょう。

 

お店のレイアウトも徐々にクリスマスのデザインに変わってきてウキウキしますね!

朝方と日が落ちてからは肌寒さが一層増しました。

お風邪など引かれないよう、お気を付けください。