広島県広島市安佐北区で劣化で漆喰が崩れてしまった屋根のリフォーム無料診断を行いました。

 

写真を見て頂くと分かるのですが、

屋根漆喰が劣化しひび割れています。

大きな隙間も空いており、

瓦が今すぐにでも剥がれ落ちてきてしまいそうな状態になっています。

こちらも漆喰に大きなひびが入ってしまっています。

漆喰の剥がれやひび割れを放っておくと、

お住まいに様々な被害を与える可能性があります。

漆喰には棟瓦の固定や接着をするという役割があり、

瓦のズレや落下を防いでいます。

瓦屋根は耐久性があると言われていますが、

漆喰自体は約10年前後で塗り替えの目安となります。

漆喰が剥がれる・崩れる等劣化していますと、

そこから雨水が内部へと入りこみ、

腐食させてしまう等お住まいに大きな被害を与えてしまいます。

このような被害を防ぐためにも早めに劣化に気付き、補修を行うことが大切です。

 

しかし、屋根の上に登って確認することは落下の危険を伴います。

専門家に相談し、プロの目で確認してもらうと安全かつ安心です。

まずは、お住まいの現状把握をしっかりと行い、

適切な対応を早くしていきましょう。

 

 

まずは、お住まいの現状に”気づく”ことが大切です。

定期的なメンテナンスを心掛け、

お住まいと家族の笑顔を守りましょう。