東広島市で劣化により剥がれた屋根漆喰の補修リフォーム診断を行いました。 先日お客様から 「ちょっと前に、屋根から白いものが落ちてきた。気になっているので一度見てほしい。」 とのご依頼をいただき早速屋根の無料診断を行いました。   ご依頼のあったお住まいは、とても立派な門構えで瓦の上には飾り瓦がいくつかあり、 日本伝統の木造住宅の風格がありました。   写真から、漆喰が剥がれ落ち、 中の葺き土が表面にでている状態になっていることが分かります。 この状態を放っておくと、雨漏れや 瓦の固定力が弱まり瓦がズレてしまうケースが考えられます。 写真から、建物とのし瓦の繋ぎ目の部分となっている漆喰に 空洞が出来ていることが分かります。 漆喰は経年劣化により年月が過ぎると、水分が抜けてきます。 また同じように、建物の木も年月が過ぎると水分が抜けてくるので 今回空洞ができたことが考えられます。 経年劣化は屋根材にいくら耐久性があろうと必ず起こります。 人間も病気が見つかれば治療するように、 お住まいも異常が見つかれば一度診断をして適切な補修することが大切です。   紅白歌合戦も出演者が決まり、年末モードまっしぐらですね! 年賀状の準備など年末の準備も本格化しお忙しいと思いますが、 体調管理にはお気を付けくださいませ。