広島県廿日市市で漆喰の剥がれやズレた棟瓦の積み替えリフォーム工事を行いました。

工事情報

工事内容:漆喰の塗り替え・棟積み替え工事 工事期間:7日間 築年数:35年前後 今回は、棟積み替え工事を中心に工事の一部をお伝えします。   【工事前】 【工事後】

工事の様子

工事開始です。まず、既存の棟を撤去していきます。 棟瓦の下には土が盛られており、更にその下にのし瓦がある為、どちらも綺麗に撤去していきます。 既存の棟を撤去後、棟瓦をまっすぐ設置するため糸を張ります。 糸を目安に新しいのし瓦と土を盛っていきます。 のし瓦・土が設置できましたら、漆喰・棟瓦を設置していきます。 設置後、工事完了となります。 漆喰の塗り直しも行い、綺麗な屋根になりました。   漆喰は瓦同士を固定するという大切な役目があります。 漆喰が剥がれる等、本来の役目を果たせなくなっていますと 瓦がズレ始め瓦同士がぶつかり欠けてしまう、瓦が下へ落下してしまうなどの被害に繋がります。 瓦屋根自体は十分で長持ちというイメージがありますが、 漆喰自体の耐久年数は約10年前後と言われています。 定期的に屋根のメンテナンスをしておきましょう。   11月も下旬となり、寒さも本格化してきました。 雪も降り始めている県もありますので、 屋根などお住まいの管理を見直しておきたいですね。