広島市佐伯区で剥がれた屋根漆喰と穴の開いた谷板金の補修リフォーム無料診断を行いました。   先日お客様から 「屋根のお手入れを当分していないので、一度見てほしい。」 とのご依頼を頂き、早速無料診断にお伺いしました。   団地の中にあるお住まいで大手塀や外観はとても綺麗で しっかり手入れをされているのが伝わってきました。   お客様からご依頼があった屋根に上ってみると 漆喰の劣化による剥がれた箇所が見つかりました。   こちらが実際の写真です。 鬼首部分の漆喰が剥がれてしまっています。 また、もう一か所劣化により傷みを受けている箇所がありました。 屋根と屋根の継ぎ目にある谷板金の部分が、雨に打たれる事でサビてしまい、 穴が開いている状態となっていました。   谷板金は雨水の通り道となる構造である為、必ず雨水が通ります。 その為、穴の開いている状態を放置していますと、 谷板金の中にある防水紙の劣化が進んで行き、室内の雨漏れの原因となってしまいます。   そこで今回は屋根漆喰の剥がれた部分は新しい漆喰を塗り、 サビて穴の開いてしまった谷板金は剥がし、新しい防水紙を貼り 板金を張っていく工事を後日行うこととなりました。   みなさん年賀状の準備は進んでいますか? 今では年賀状離れの時代のように感じますが そんな時こそ手書きの年賀状が届くと嬉しいですよね。