広島市南区にお住まいのお客様から、 「家の外壁の隙間部分にひびが入っている、心配だからみてもらえませんか」 とご依頼を受け、ひび割れた外壁の無料診断を行いました。   写真から、外壁の隙間部分にひび割れや剥がれが見られます。 これは、シーリングというもので壁の境目にあるつなぎ目の部分です。 シーリングは主に壁の内部に雨水が侵入してくることを防ぐ役割をしています。 しかし、このようにシーリングにひびが入っていたり剥がれたりしてしまうと、 壁を守るものが無くなってしまっている状態なので、建物の耐久性が大きく低下してしまいます。 シーリングの傷みを放置していますと、 隙間から雨水が入りこみ浸透し、お住まいに雨漏れを起こしてしまいます。 シーリング部分は家を建ててから約10年前後で劣化が進行すると言われています。 日の当たり方によっても劣化具合に差はありますが、 特に西面、南面はほかの面に比べて劣化が進みやすくなっていますので、注意しておきましょう。 2階部分の外壁等、自分自身では確認できない箇所がある場合は、 専門家に相談して傷み具合など判断してもらうと安心です。   お住まいは、日々の小さな確認で永く安全に住むことが出来ます。 定期的にメンテナンスをして、 お住まいの健康状態をチェックしておきましょう。