広島県広島市安佐南区で欠けや剥がれのある屋根漆喰の棟積み替えリフォーム工事を行いました。

工事情報

工事内容:屋根工事 工事期間:14日間 築年数:46年前後 【工事前】 【工事後】  

工事の様子

屋根にひび割れや欠け、漆喰の剥がれなどが見られたため、 漆喰や棟を中心とした屋根の補修工事を行いました。 今回は、工事の一部である棟の積み替え工事の様子をお伝えします。   漆喰や棟の状態が悪かった為、棟の漆喰を撤去します。 漆喰の下には葺き土や防水ルーフィングがありますので、これらも撤去します。 撤去後、新しい防水ルーフィングを設置します。 棟・谷部は雨風や紫外線の影響を受けやすい場所です。 防水ルーフィングなどしっかりと対策をしておきましょう。 ルーフィングを設置後、桟木を施工していきます。 棟の土台となる部分である為、位置などをしっかり確認しつつ行います。 浅木設置後、漆喰を詰めていきます。 漆喰を設置後、新しい棟瓦を取り付けます。 漆喰が乾けば工事完了となります。   平成も終わりに近づき、税金なども来年には大きく変わりますね。 変化に対応するには、基礎をしっかり固めておくことが重要です。 お住まいの状態をしっかりと把握し、適切なメンテナンスを行いましょう。