広島県廿日市市で古く黄ばんでしまったユニットバスのリフォーム無料診断を行いました。

お客様から、

「年齢を重ねるにつれて今のお風呂がすごく使いづらくなったので、一度見てくれませんか?」

とのご依頼を頂き、早速浴室の無料診断を行いました。

 

築30年を過ぎていましたが、

外構の大手塀はレンガの造りで、塗装は2トーンのデザインになっており

とてもお洒落なお住まいでした。

 

写真を見て頂くと分かるように、

お風呂場へ行くと浴槽が深い造りになっていた為、出入りがしづらい事が分かりました。

また、長年使っている為浴槽の黄ばみも進んでいました。

年齢を重ねるにつれて浴室での事故は増加しています。

浴槽の深さがある分出入りする時に足を大きく上げる為、

バランスを崩し、転倒してしまうケースや

浴室と廊下等の温度差によるヒートショックも良く耳にします。

 

そこで今回は、ユニットバスの工事をと共に、

お客様の希望で浴室暖房を設置することとなりました。

浴室が暖かくなることにより、ヒートショックを避け

身体にかかる負担が軽減されますよね。

 

今回のお客様のように、先を見越して工事される方は近年多くなっています。

消費税の増税もすぐそこです。一度診断しておくといいですね。