【住宅品質確保促進法】じゅうたくひんしつかくほそくしんほう

 

「住宅品質確保促進法」とは正式名称を「住宅の品質確保の促進等に関する法律」といい、

「品確法」や「住宅品質確保法」などと略されて呼ばれることもあります。

安心して品質の良い住宅の供給・取得を実現する為、

新築住宅の10年保証や住宅性能表示制度などについて定められています。

 

この法律は、主に3つの制度から成り立っています。

①住宅性能表示制度

第三者機関が住宅の性能を評価、

購入者に耐震・耐火性など10項目の分野についてランク付けや数値で評価します。

②住宅に関わる紛争処理体制

「建設住宅性能評価書」など住宅性能評価を行った住宅で、

欠陥などが原因でトラブルとなった場合、

紛争処理機関に手数料1万円を支払い紛争処理を依頼できます。

③瑕疵担保期間の義務化

引き渡し後10年以内に基礎や壁等対象となる箇所へ工事不備や欠陥が見つかった場合、

売り主(施工会社)が無償で補修をしなければならないとしています。