広島市安佐北区にお住まいのお客様から、 「屋根の棟にあるのし瓦がずれていて心配だから見に来てもらえませんか?」 とのご依頼を受け、ずれてしまったのし瓦の無料診断を行いました。   写真を見ていただくと分かるように、屋根の頂部にある棟に設置された のし瓦がずれてしまっています。 また、所々に漆喰の剥がれも見られます。 これらは漆喰が剥がれて内部に水が入り込み、 赤土などの基礎が柔らかくなったことで、のし瓦がずれてしまったと考えられます。   のし瓦とは短冊状の形をしており、その上に設置されたカマボコ型の冠瓦を支えています。 積み重ねた高さが高ければ高いほど 見た目が豪華になるといったデザイン性を高めることが出来ます。 しかし、デメリットとして、 高くなるだけ風の影響を受けやすくなってしまい、 施工中も職人の高度な技術が必要不可欠となります。   もしのし瓦がずれたままにしておくと 台風や強風の際に、のし瓦が飛ぶなど周りに被害を及ぼしたり 雨漏れ、白蟻が発生してしまう等といった可能性があります。 また、赤土などの基礎の被害が大きい場合、 棟の積替えなどの大きな工事が必要となる為、 漆喰の剥がれや棟の異常が見られたら 早めに専門家の方に見てもらうと安心です。   お住まいの気になる所は早めに補修を行い、 ご家族の皆様が安心して日々を送れるようにしていきましょう。