【低炭素建築物】ていたんそけんちくぶつ

  低炭素建築物とは、 建築物における二酸化炭素の発生を抑制するようにして計画された建築物を指します。 市街化区域内に限られ、所管行政庁(都道府県、市又は区)が認定を行います。 認定を受けた建築物は、所得税住宅借入金特別控除優遇等の対象になります。   認定の対象として以下の内容が定められています。 1.新築において低炭素化に資する建築物 2.  既存の建築物を低炭素化するため増築や改築、修繕などを行う 3.  既存の建築物を低炭素化するため空気調和設備等の設置をする 4.  既存の建築物に設置されている空気調和設備等の改修を行う