広島県廿日市市で漆喰の剥がれや瓦のズレが見られるの積み替え工事を行いました。

工事情報

工事内容:棟の積み替え・内装工事
築年数:43年前後

 

【工事前】

【工事後】

 

工事の様子

今回は漆喰の剥がれや欠け、瓦のズレが大きく目立っていた為、

棟の積み替え工事と内装工事を行いました。

今回は工事の様子をご紹介します。

 

まず、既存の棟を撤去していきます。

棟の下には葺き土やルーフィングなどが設置されているため、

どちらも綺麗に取り除いていきます。

既存の棟を撤去後、防水性を高める為、新しい改質アスファルトルーフィングを張ります。

一度取り外した浅瓦を葺き戻し、棟金具を取り付けた後棟芯木(受け木)を設置します。

棟芯木(受け木)を設置後、漆喰を詰めていきます。

漆喰を詰め終りましたら、冠瓦から棟瓦を設置していきます。

瓦の設置後、工事完了となります。

漆喰の傷みが軽度な箇所では、漆喰の塗り替えを行いました。

漆喰の工事は傷みの程度で変化します。

小さな剥がれや欠けであれば漆喰の塗り直し工事ですが、

今回の様に漆喰の剥がれや欠けが激しい場合や

瓦に大きなずれが見られた場合は棟の積み直しとなります。

定期的にメンテナンスを行いましょう。

 

空気も乾燥し、火事などが起こりやすくなっています。

火を扱う際は十分に気を付けておきましょう。