【住宅・建築物省CO2先導事業】

    「住宅・建築物省CO2先導事業」とは、 国土交通省が実施する、住まいの環境向上を図るために 省CO2の実現性に優れた住宅や建築プロジェクトを公募し、 整備費用などの一部を採択された事業に補助するものです。 「住宅・建築物省CO2先導事業」は平成26年に終了し、 現在は「サステナブル建築物等先導事業(省CO2先導型)」となっています。   いくつかの要件に該当するもの等が対象となっていました。 こちらは平成22年住宅・建築物省CO2先導事業募集要項を参照した一部です。 ①改正省エネ法に基づく建築主の判断の基準を満たす、新築住宅・建築物であること。 ②省エネ基準に適合する既存住宅・建築物の改修であること。 ③先導性に優れた住宅・建築物のプロジェクトであること。 ④省CO2の実現に向けた取り組み住宅・建築物プロジェクトであること。