【安心R住宅】あんしんあーるじゅうたく

安心R住宅とは、 耐震性があり、インスペクション(建物状況調査等)が行われた住宅であり、 情報提供(リフォーム等)が行われる既存の住宅を指します。 国土交通省により平成29年に「安心R住宅」制度が公布・施行されました。 中古住宅の「品質などへの不安」「見た目の汚さ」 「選択するための情報が不明確」などに挙げられるマイナスイメージを払拭し、 中古住宅の流通を活発にする為に創設されました。 「R」は再利用のReuse(リユース)、改装のReform(リフォーム)、 改修のRenovation (リノベーション)を表しています。 「安心」は以下の2点を意味します。 ①新耐震基準等に適合 ②建物状況調査などのインスペクションの結果を踏まえ、既存住宅売買瑕疵保険の検査基準に適合