広島市安佐北区でひび割れた外壁塗装の修理リフォーム無料診断を行いました。   写真を見て頂くと分かるように、 外壁にひび割れが生じ、外壁の塗料が剥がれてしまっています。 このようなひび割れはクラックと呼ばれており、外壁の老化現象です。 クラックは、地震などによって起こる建物の振動や 外壁に付着した水分が冬の寒さで凍ったり溶けたりすることが 原因であると言われています。   0.2~0.3mmの幅といったまるで髪の毛のような 細いひびのヘアークラック程度であれば問題ありませんが、 それより内側のモルタルまでひび割れが届いている場合は そのままにしておくと、内部に雨水が侵入して 酷い場合には腐食したり白蟻をおびき寄せる可能性があります。   また、外壁の表面を触った際に 手に白い粉状のものが付いてしまうチョーキング現象も見られました。 この粉状のものは汚れではなく、塗料の劣化により 含まれている顔料が粉状になって消耗されていっていることが原因です。 このような現象が見られたら、塗替えの時期であるというサインです。 外壁を触るだけで誰でも簡単に確認出来るので、 定期的にメンテナンスをしておくと安心できますね。   小さな気づきが、安心する暮らしに繋がります。 ご家族が笑顔で過ごせる未来になるよう願っています。