広島市西区にお住まいのお客様から 「家の外壁にひびが入っている、心配なのでみてもらえませんか」 というご依頼を受け、外壁のリフォーム無料診断を行いました。   写真から外壁に上から下まで伸びている大きなひびが入っていることが分かります。 外壁のひび割れはクラックとも呼ばれています。 クラックには程度があり、小さなひび割れなどは軽度、 構造上影響を与える可能性が高いひび割れを重度だと考えられています。 いざクラックを発見したとしても、お住まいへの影響は少ないだろうと放置しておきますと 重度であれば雨漏れ等の被害を受ける可能性が出てきます。 外壁はお住まいを雨や風、紫外線、地震等様々なものから守ってくれていますが、 その分劣化しやすい箇所でもあります。 クラックの状態から軽度か重度か個人で判断するのは難しい場合が多いです。   今回は外壁のひび割れ補修と塗装の工事を提案し、 後日改めて工事を行うこととなりました。 最近ではテレビやSNSの影響もあり、 DIYでお住まいの補修をされている方もいらっしゃいます。 しかし、劣化によっては個人で補修が難しい場合がありますので、 専門家に相談し確認してもらいましょう。   早めの対策がお住まいの寿命を延ばします、 しっかり対策を心がけて家族で楽しく過ごしましょう。