広島市東区で瓦のズレ止めの補修リフォーム無料診断を行いました。

 

先日お客様から

「瓦についている針金が一部外れているところがあるので見て欲しい」

とのご依頼を頂き、早速屋根の無料診断を行いました。

 

お住まいの外観には目立った汚れはなく、庭の木もきれいに剪定していて

とても上品さがあり、素敵なお住まいでした。

 

お客様からご依頼があった屋根に登ってみますと、

棟瓦のズレ止めをしている針金部分が一部取れていました。

針金は銅で出来ている為、年月が経ってしまいますと

経年劣化していきます。

今回のケースも経年劣化により、針金が切れていました。

 

また別の場所では、

谷板金の固定しているビスの部分サビが非常に目立っていました。

サビを放置していますと、穴が開く可能性があります。

一度穴が開いてしまいますと、雨漏れ等お住まいの内部まで被害はどんどん広がってしまいます。

そこで今回は、棟のズレ止めのとれた部分はボンドで固定し、

谷板金は既存のものを撤去、下地を組みなおして新しい板金にする

工事を行う事となりました。

 

外部の鉄や銅の部分は雨に弱く、劣化が避けれない部分です。

だからといって放置してしまうと、被害はどんどん広がります。

お住まいも身体と一緒で、定期的にメンテナンスを行うことが大切なのかもしれませんね。