広島県広島市佐伯区で剥がれた漆喰の塗り替えリフォーム工事を行いました。

 

工事情報

工事内容:漆喰の塗り替え工事

築年数:30年前後

 

【工事前】

【工事後】

工事の様子

漆喰の塗り替えや瓦の取り替え等屋根全体の工事を行いました。

今回は、工事の一部である屋根漆喰の塗り替え工事の様子をご紹介します。

 

今回は屋根工事の為、足場を組み作業に入ります。

足場を組んだ後、古くなった漆喰を取り除いていきます。

既存の漆喰が残ったまま、新しい漆喰を詰めてもすぐに剥がれてしまうので、

新しい漆喰を塗る前に古い漆喰を取り除き綺麗にしておきます。

新しい漆喰を詰めていきます。

漆喰は職人の技術力で品質が変わります。

技術が未熟な職人の場合、漆喰を多く塗ることがあります。

漆喰を適量よりも多く塗ってしまいますと、

本来塗るべき箇所からはみ出た部分に雨水が当たり、漆喰の劣化が早くなってしまいます。

熟練した職人であれば経験から漆喰の量を調節し塗る為、雨水が当たることはありません。

補修箇所全体に漆喰を塗り終えたら工事完了となります。

剝がれていた漆喰も綺麗になり、雨漏りの心配はなくなりました。

屋根全体の工事が終りましたら、足場の解体を行います。

 

漆喰工事は高度な技術が必要な工事です。

補修を依頼する際は屋根を専門とする業者に依頼しましょう。

補修を行った漆喰は20年程持ちますが、

お住まいの環境などによっても耐久年数は変化します。

定期的なメンテナンスを行い、早めの補修を行いましょう。

 

早いもので12月になりました。

慌ただしい時期になりますが、気持ちを落ち着けて新年を迎えたいですね。