広島市南区にお住まいのお客様から、 「家の屋上がボロボロで心配なのでみてもらえませんか」 というご依頼を受け、早速屋上の無料診断を行いました。   写真から屋上の防水塗装部分が大きくひび割れ剥がれていることが分かります。 屋上の防水加工はウレタン防水シート防水など、 加工の仕方で寿命が変化することがありますが、 どの加工を行っても約10~15年が寿命であると言われています。 屋根はお住まいの中でも太陽光や雨風に晒される時間が長い為、 時間が経つにつれ劣化していきます。 剥がれやひび割れが見られた場合、劣化のサインです。 また、傷んだ箇所の隙間から雨水が内部入りこみ、 天井などにシミを作ってしまう等の雨漏れを引き起してしまいます。 雨漏りを引き起こす前に、ひび割れや剥がれの段階で補修をしておくと、 工事の規模も小さく、工事期間や工事費用も抑えることが出来ます。 定期的なメンテナンスを心掛け、大切なお住まいを守っていきましょう。   今回はウレタン防水塗装工事を提案し、後日工事を行うこととなりました。 ウレタン防水塗装は下地の形状に馴染みやすく、屋上が複雑な形状であっても 塗装することが可能の為、国内の防水工事の半数を占めている工法です。   今週は天気が崩れるそうです。 朝方や夜のみではなく、昼間も足元に気を付けて 事故やケガの無いようにしたいですね。