広島市安佐北区で劣化により漆喰が剥がれた屋根の補修リフォーム無料診断を行いました。 写真を見ていただくと分かるように、 屋根の棟部分の漆喰が剥がれ落ち、漆喰の下にある赤土が見えてしまっています。 また、棟の頂部にあるがんぶり瓦とのし瓦の間にも が生えてしまっています。 屋根の漆喰は、屋根の内部に雨水が入らないように防ぐ役割を果たしています。 その他にも、通気性に長けていることから天然の加湿器・除湿器とも言われており、 屋根の内部をしっかりと守ってくれています。   今回の場合、 棟ののし瓦とがんぶり瓦の間に苔が生えてしまっていることから 赤土が水分を吸い込んでしまっている状態であることが分かります。 もしそのままにしておくと、赤土が脆くなり棟が崩壊する可能性や 赤土だけでなく、屋根材にも水分が行き渡り 雨漏れをしてしまう可能性があります。   漆喰の寿命は約20年と言われており、剥がれる前にひび割れが生じます。 ひび割れの段階でもひびから雨水が入り込んでいる可能性があります。 また、屋根は高い位置にある為、 登り慣れていない方転落事故も発生しています。 安全に屋根の状態を確認し適切な補修を行う為にも、 専門家の方に見てもらうと安心です。   お住まいの気になる所は早いうちに補修すると、 いざという時の安心したお住まいに繋がりますね。