広島市東区にお住まいのお客様から、

「家の外壁に白い粉がついて、掃除をしてもまたもとに戻ってしまうのでみてもらえませんか」

というご依頼を受け、早速外壁の無料診断を行いました。

 

写真の様に外壁に触れてみますと手に白い粉が付いてしまいます。

これはチョーキング現象と言われる外壁塗装の劣化サインの一つでもあります。

チョーキング現象は、紫外線により塗膜表面の樹脂が劣化し剥がれてしまい、

顔料がむき出しで粉状になります。

クリアー塗料を使用している外壁以外のものは、

家を建ててから約5~10年ほどで経年劣化とともにチョーキング現象が起こってしまいます。

外壁がチョーキング現象の様に傷んでしまいますと、

顔料がむき出しになり外壁を守る力がほとんどなく、

裸に近い状態になってしまうため、外壁は水を吸うようになってしまいます。

水を吸った外壁はさらに傷み、ひび割れなどの原因にもなります。

外壁の傷みは放置したままですと徐々に広がっていくため、

いざ補修をしようとしたときには、

お住まいの外壁ほとんどを補修しなければならなくなった、というケースも少なくありません。

このまま放置し傷みが進行してしまう前に、専門家に相談してみてもらいましょう。

 

季節外れの温かさ目立ちますね、

気温差に備えて体調には気を付けましょう。