広島県大竹市で崩れている基礎巾木の補修リフォーム無料診断を行いました。   先日、お客様から 「基礎巾木が崩れていて、心配なので見に来てもらえませんか」 とご依頼を受け、早速基礎巾木の無料診断を行いました。   見てみますと、基礎巾木の表面の塗装が劣化により剥がれ落ちていたり、 崩れてきている箇所もありました。 このように基礎巾木が崩れてしまう原因としては、 乾燥や急激な気温変化などが挙げられます。 基礎巾木は地面に近い為水の影響を受けやすく、 塗膜部分に水が入ってしまいますと塗料が浮き出てしまい、剥がれてきてしまいます。 基礎巾木はお住まいの中でも劣化しやすい場所であることを覚えておきましょう。   この様に基礎巾木が剥がれてしまった場合は、 崩れている部分をモルタルなどで補修した後、塗装していきます。 崩れたまま塗装をしてしまいますと、塗料も剥がれやすくなってしまうので要注意です。 一度崩れてしまうと、時間が経っても悪化するのみで自然に元に戻ることはありません。 傷んだ箇所を発見したら早めに専門家に相談し補修をしておきましょう。   お住まいで気にするところといえば、外壁や屋根になりがちですが、 基礎巾木はその屋根や外壁の土台となる重要な役割を持っています。 あまり目立つところではありませんが、 お住まいの安全を守るためにも気にかけておきたいですね。