広島市安佐南区で塗装の剥がれた瓦棒葺き屋根の補修リフォーム無料診断を行いました。

 

写真を見て頂くと分かるように、屋根の塗装が剥がれて浮いています。

瓦棒葺き屋根とは、

金属系の屋根に施工される屋根の種類のひとつです。

以前はトタンが使われていたためトタン屋根とも呼ばれていました。

しかし、トタンは錆びが発生しやすいため

最近ではガルバリウム鋼板が使われています。

屋根材の中で最も軽く耐震性・耐熱性・耐水性があるというメリットがありますが、

断熱性がない、錆びやすい、雨風などからの遮音性が低いといった

デメリットもあります。

 

屋根の塗装については、色褪せている程度であれば問題はありませんが

今回は、素地から塗装が剥がれてしまい

素地のトタンが錆びてしまっていました。

もしそのままにしておくと

錆びが進行し穴が開いてしまう為、

屋根の内部に雨水が入り込むことで雨漏れが発生し、

湿気を好む白蟻をおびき寄せる可能性があります。

 

また、もし錆びが進行していると塗装だけでは修復ができないため、

葺き替えや屋根カバー工法といった重ね葺きなど

費用もかかり、工期も長くなる工事になってしまいます。

塗り替え目安は5年~10年と言われているので、

それを目安に専門家の方に見てもらうと安心ですね。

 

小さな気づきが、安心する暮らしに繋がります。

ご家族が笑顔で過ごせる未来になるよう願っています。