【切妻屋根】きりづまやね

    切妻屋根とは、大棟からその両側に流れ落ちる、屋根の形式の一つです。 切妻造の古語として「真屋」・「両下(まや)」とも呼ばれます。 建物の棟部分から下へ向かい二つの斜面が山の形状をした屋根です。 2面の屋根で造られるシンプルな形状から、 初期費用が低くメンテナンス費も抑えることができる、 また屋根裏のスペース確保やソーラーパネルの設置等が容易にできる為、 将来的にもメリットの多い屋根形状と言えます。 しかし、一方で 妻側に紫外線や雨水が当たりやすい構造の為、雨漏りするリスクがあることや 主流の形状の為個性を出すことが出来ない等のデメリットもあります。