広島県呉市で劣化した外壁塗装の修理リフォーム無料診断を行いました。

 

先日、お客様から

「外壁を触ると白い粉が手についたので見てもらえませんか」

とご依頼を頂き、早速外壁の無料診断を行いました。

 

写真から分かるように黒い汚れやシミなどが目立っています。

また外壁に触れてみますと手に白い粉が付着しました。

このように外壁を触ると白い粉が付着する現象は

チョークの粉が付くように見えることからチョーキング現象言います。

外壁は毎日太陽光や雨、風、湿気などの影響を受け続けており、

長い年月が経ってしまいますと徐々に塗膜が劣化していき顔料が粉化していきます。

他にも、海岸付近にお住まいがある場合などは

塩害を受け劣化のスピードを早めてしまうといった原因も考えられます。

 

近年、顔料が使われていないクリアー塗料なども使われるようになり、

チョーキング現象が起きない外壁も増えてきました。

しかし、その他の塗料を使用している場合は、

劣化とともにチョーキング現象が起こります。

 

外壁塗装の目安としては、5年~10年程と言われています。

チョーキング現象も外壁の劣化サインです。

お住まいの環境などによって劣化のスピードは変わってきます。

定期的にメンテナンスを行っておくと安心ですね。

 

外壁はお住まいの中でも目につく場所です。

美観を保つためにもお出かけの際などに、

少し気にかけてみてください。