【寄棟屋根】よせむねやね

寄棟屋根とは、4つの方向に傾斜(勾配)のある屋根形状の一つです。

切妻屋根に次いで使用されることの多い形状になります。

2面の三角形と2面の台形で構成されており、

切妻屋根(大棟から下に傾斜がある山型の屋根)に比べ、

屋根に掛かる雪や雨の量を分散させることが可能です。

しかし、屋根裏のスペースが狭くなることや

使用材料のロスが多く発生しリフォーム時の費用が割高になる等のデメリットもあります。

 

長期的に見ても風の耐久性も高く日光の影響も緩和できるため

住宅保護の観点からは優秀であると言えます。