【片流れ屋根】かたながれやね

 

片流れ屋根とは、一方に勾配がある屋根の形状の一つです。

屋根の形状が最もシンプルでコストを抑えることができるため、

小さな建物(物置)等に使用されることが多いです。

ソーラーパネル(太陽光パネル)や太陽熱温水器などの装置を屋根に取り付けやすい、

料来の修繕(リフォーム)についても工事期間も短くて済み費用も経済的等、

コストの面で優秀な屋根と言えます。

しかし、一方で

雨漏りが多いことや棟換気が出来なことなどデメリットもあります。

雨漏りについては、透湿ルーフィングやケラバ水切等の設置をすることで、

防止することが可能となります。

 

片流れ屋根は住まいを、

スタイリッシュなものから個性的なものまで様々なデザインにすることができるので、

近年では和モダンな住宅等にもよく用いられています。