広島市安佐北区で塗装の剥がれた大手塀の補修リフォーム無料診断を行いました。   写真を見ていただくと分かるように、 大手塀の塗装が剥がれ、一部が大きく抉れています。 今回の場合、 経年劣化によりひび割れが生じ、そこから雨水が入り込み 塗装を浮かせたことが原因であると考えられます。   こちらの大手塀塗装では、リシンという仕上げ材が使われていました。 リシンは、透湿性や通気性に長けているため、 湿度の高い日本の気候の特徴に合っており 比較的に安価な仕上げ材でもあるので特に新築などでよく使われています。 外壁を触った時のざらざらとした触感が特徴です。   しかし、施工としてリシンガンというスプレーを用いて吹き付ける方法が主流であり この方法では塗装が比較的に薄く、安価なアクリルが主に使われるため ひび割れが生じやすく、防水性も低いです。 他にも耐用年数も約8年と短く、汚れも目立ちやすいというデメリットもあります。   もし塗装の剝がれをそのままにしておくと、どんどん内部に雨水が入り込み 湿気を好む白蟻をおびき寄せ、大手塀が倒壊してしまう可能性があります。 大手塀はとても目に付きやすい箇所なので、ひび割れや剥がれを見つけたら 早めに専門家の方に見てもらうと安心ですね。   お住まいの気になる所は早めに補修を行い、 ご家族の皆様が安心して日々を送れるようにしていきましょう。