広島市安佐南区で鬼首のシーリングが劣化してしまった補修リフォーム無料診断を行いました。

 

先日お客様から、

「昔瓦を工事した時にシーリングで接着した部分があるのですが、

異常が出てないか一度みてもらえませんか?」とのご依頼頂き、早速屋根の無料診断を行いました。

 

瓦を固定しているシーリング部分には、

劣化は見られましたが瓦のズレは生じていませんでした。

しかし、漆喰に比べると耐久年数が低い事と、見た目も接着部分が少ない為、

安心・安全の保障はできない状況でした。

 

また、写真で見ると分かりにくいですが、

瓦に蛇の鱗のような模様がありました。

この模様は、瓦が寒さにより割れる「寒割れ」手前ののヒビが入ることで出てきます。

 

模様が入っていますと既にヒビが入った状態である為、

水分が中に入り、気温が下がることで膨張し割れてしまいます。

これからの季節寒い時期になる為、注意が必要です。

 

そこで今回は、シーリングで接着している瓦の部分を漆喰に塗り替え、

ヒビが入った瓦は新しい瓦に差し替える工事を行うこととなりました。

 

お住まいは環境により様々な傷みが生じてしまいますが、

補修して、強化する事により安全で安心した暮らしを手に入れる事が出来ます。

一度診断を受け現状を把握しておくだけでもお客様の安心にも繋がりますよね。