【掃き出し窓】はきだしまど

掃き出し窓とは、

窓の下端が床と同じ高さであり、人が出入りできる大きさの窓です。

「テラス窓」とも呼ばれています。

元々は、室内のごみを外部へと掃き出す小窓の事を指していましたが、

現在は掃除機が普及し、

リビングから庭やバルコニーに出る為に設置されることが多くなりました。

デザインや用途によって種類も様々で、左右に動かし開閉する引き戸式から

上下に動かし開閉する上げ下げ式、外開き式などがあります。

掃き出し窓は、防犯性の低さや

冷暖房効率の悪さなどデメリットもあります。

しかし、ガラス面が広い為多くの光を室内に取り込むことができることや、

風通しも良く、しっかりと窓の役割を果たす優秀な窓と言えます。