【出窓】でまど

出窓とは、建物の外壁から外側に突き出して設置された窓のことを指します。 張り出し窓とも呼ばれています。 壁から窓が飛び出している為、スペースを確保できる等といったメリットがあります。 出窓の突き出しは50cm以下の場合が多く、 建築基準法によると建物の外壁から外側に突き出している長さが50cm以下の場合、 突き出し部分は床面積の拡張と見なされ、算入しないとしています。 結露の発生しやすさや防犯上のリスクなどが短所として挙げられます。 しかし、採光性が高くヨーロピアン調などデザインの面からも魅力がある窓となっています。