【外壁後退距離】がいへきこうたい

外壁後退距離とは、都市計画で規定されたエリア内(第一種・第二種低層住居専用地域) で家を建てる際に道路や隣地との境界線から一定の距離、外壁を後退させることを指します。 日照や通風、防火などを目的としており、 快適な住環境のため家が多い住宅地では必要となります。 建築基準法54条2項では、 建物の外壁と敷地境界線までの距離が1m~1.5mとしています。 尚、外壁の長さの合計が3m以下等の場合であれば、緩和措置を受けることが可能となります。