広島県大竹市で劣化により苔が生えたカラーベストの補修リフォーム無料診断を行いました。

 

先日お客様から

「屋根のコケが目立つから一度見て欲しい」

とのご依頼を頂き、早速屋根の無料診断を行いました。

 

屋根に上って見ると、たしかにが目立つ箇所がいくつかありました。

また、コケだけではなく、カビも発生していました。

茶色の斑点が苔で、黒い斑点がカビです。

屋根に苔やカビが生えるということは、

すでに屋根材が劣化しているサインになります。

塗装の塗膜部分の劣化により、屋根が水分を吸収してしまい

今回のようにコケやカビが発生した事が考えられます。

 

棟部分の継ぎ目のシーリングが劣化した事により、

隙間から雨水が侵入し、中の金属部分がサビて膨張したことで

表面の棟板金が剥がれた状態になっていました。

この状態を放置してしまうとサビた部分に穴が開き、

被害がどんどん広がっていく可能性があります。

 

そこで今回はお客様の希望もあり、カラーベストの屋根は塗装し、

傷んだ棟部分は補修、サビ止めを塗り塗装工事をする事となりました。

 

また、今回は黒色のカラーベストを赤色に塗り替えることになった為、

お住まいの印象を明るく変化させることが出来ます。

 

気温も下がり冷たい空気も冷たさだけでなく徐々に傷みに

変わってきたような気がします。

マフラーやヒートテックをフル活用して、寒さに負けず今週も頑張りましょう!