広島県広島市佐伯区で漆喰が崩れた瓦屋根の補修リフォーム無料診断を行いました。

先日、お客様より

「屋根が今どんな状態か見てほしい」

とのご依頼があり、屋根の無料診断を行いました。

 

写真からも分かるように、漆喰が剥がれています。

また、漆喰が崩れ欠けている箇所もいくつか見られました。

漆喰の下にある葺き土が出てきています。

 

そもそも漆喰とは、消石灰を主原料とした塗り壁材です。

この消石灰にのりやスサを加え、水で練ったものが漆喰になります。

 

漆喰は壁の上塗りや目地の充填などにも使われていますが

その中でも屋根における漆喰の役割は、

主に瓦同士を繋げる際に使われています。

瓦の隙間を埋めることで雨風時の雨水の入り込みや

瓦がずれるのを防いでくれているのです。

 

重要な役割を持つ漆喰が劣化や破損を放置してしまうと、

瓦の落下や雨漏りに繋がる可能性が高くなります。

 

今回ご依頼のあったお客様の屋根は、

幸いにも雨漏り等はしていなかったため、

後日漆喰の塗り直し工事を行う事となりました。

早め早めにお住まいの現状を把握することで、適切な補修を行うことが出来ます。

年末を迎える前に、専門家に相談し確認しておきましょう。

 

漆喰の劣化はお住まいの中でもなかなか気づきにく場所ですが、

お住まいの安全のみではなく、

ご家族の安全のためにも気を付けておくといいですね。