広島市安佐南区で漆喰や瓦の剥がれた瓦屋根の補修リフォーム無料診断を行いました。

 

写真を見ていただくと分かるように、瓦の一部が欠けて剥がれてしまっています。

漆喰が剥がれて中の赤土が見えている箇所もありました。

漆喰は、瓦屋根の棟瓦を固定させたりする接着材の役割のみならず、

屋根の内部に雨水が入らないように守っています。

そのため、漆喰が剥がれていると瓦を固定している力が弱くなり

強風や地震が起きた際に屋根の棟の倒壊

内部の赤土などに水が染み込むことで雨漏れが起きる可能性があります。

瓦屋根の寿命は耐久性が高い場合は約40年~50年と長いですが、

漆喰は約10年おきのメンテナンスが必要と言われています。

 

また、屋根瓦が剥がれていますと

雨水がそのまま屋根材に染み込んでいく可能性があり、

いつ雨漏れが起きてもおかしくない状況です。

生活をしていて目に見える場所で雨漏れが発生していなくても、

屋根裏に雨水が溜まり雨漏れ寸前の状態であるという

ケースは珍しくありません。

 

屋根は高い位置の為上ると落下したり

損傷が激しい箇所では崩れてしまう可能性もあるので、とても危険です。

漆喰や屋根の剥がれが見られたら、早めに専門家の方に見てもらうと安心ですね。

 

定期的にメンテナンスをすることで

お住まいとご家族の健康を守っていきたいですね。