広島市東区にお住まいのお客様から、 「家の屋根のメンテナンスをここ最近していない。 劣化してないか心配なので、みてもらえませんか」 という依頼を受け、早速屋根漆喰の無料診断を行いました。   写真からも分かるように、漆喰付近に青いコケが発生しています。 漆喰にも剥がれが見られますね。 こちらでは、漆喰が剥がれてしまい漆喰下の葺き土が出ていました。 穴も開いているため、このままでは雨水などが内部へ侵入してしまいます。 漆喰は瓦の隙間を埋めて雨風による雨水の侵入を防ぐ等といった役割があります。 しかし、漆喰が剥がれてしまい本来の役割が果たせなくなってしまいますと、 雨水が崩れた漆喰の隙間から入り込み、雨漏れを引き起こしてしまう原因となります。 また、雨水の侵入や雨漏りによりコケも発生しやすくなってしまいます。 内部に雨水が侵入してしまいますと、天井や屋根裏のシミが出来てしまいます。 一度シミが出来てしまうと、ふき取り掃除では綺麗にできないため 壁紙の貼り替えを行わなければなりません。 工事の規模も当然大きくなりますので、工事期間や費用も増えてきてしまいます。 屋根漆喰が劣化しているサインを見逃さず、 早めに補修をしてあげましょう。   寒さが増し、 広島市内でも初雪が観測される地域もありました。 防寒対策をしっかり行って寒さから身を守りましょう。