【布基礎】ぬのきそ、ぬのぎそ

布基礎とは、底板(フーチング)と壁が一体化しており、

逆T字型の断面形状のコンクリートが連続している基礎工法をいいます。

床下までしっかりとコンクリートがあるべた基礎とは異なり、

布基礎の下部には薄めのコンクリートのみが敷かれています。

べた基礎よりもコストを抑え、耐力が強いとされており、

比較的軽量な木造建築に用いられることが多いです。