【消防法】しょうぼうほう

消防法とは、

国民の生命・財産を保護するため火災の予防・警戒・鎮圧を目的とする法律です。

火災は建物にも密接に関係してくることから建築基準法とも関わりのある法律になります。

建物において避難用の階段や火災報知機等、避難はしごの設置等、

大きな建築物になるほど消火設備・避難方法など規定は増加していきます。

第8条には、避難口等の場所において

避難の支障になると想定される物を置くことは禁止されています。

飲食店などの場合、内装にも大きく影響する法律のため

しっかりと確認しておくことが重要になります。