【都市計画法】としけいかくほう

都市計画法とは、無秩序な都市の環境悪化と開発を防ぎ、

生活の利便性や産業の発展を目的とした建築物の制限を行う法律を言います。

1969年(昭和44年)に施行されました。

「都市計画区域」を定め、どこに街を作成していくかを決定します。

そこから更に細かく計画を立てていくという流れで区域内の街づくりを進めていきます。

この時、都市計画区域は「都道府県」が原則として指定し、

市町村の境目である行政区域と一致するとは限りません。

建築物の制限において、

市街化区域や市街化調整区域などの区域ごとに分けられ、

市街化区域では建築可能な種別を制限し、

市街化調整区域では住宅や集合住宅を含まない決められた種類の建築物のみ許可されている等があります。