【バリアフリー新法】ばりあふりーしんぽう

バリアフリー新法とは、 高齢者や障がい者等の日常生活の移動や施設の利便性・安全性の向上を促進する為、 公共交通機関や建築物の構造や設備の促進・改善を定めた法律となります。 「高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律」とも呼ばれており、 2006年(平成18年)ハートビル法と交通バリアフリー法 とが合わさるような形で施行されました。 バリアフリー化の促進の為、対象となる建築物や公共交通機関、道路のみではなく 都市公園などにもバリアフリー化基準への適合が求められるようになりました。