工事情報

工事内容:屋根下地補修工事
築年数:30年前後

 

【工事前】

【工事後】

 

【工事の様子】

漆喰の塗り替えや下地材の修理等屋根全体の工事を行いました。

今回は、工事の一部である屋根下地の修理工事の様子をご紹介します。

 

今回は屋根工事の為、足場を組み作業に入ります。

足場を組んだ後、屋根の瓦を外していきます。

劣化した防水シートと腐敗した木材を剥がし、

既存の使える木材と新しい合板や垂木を取り付けていきます。

釘を打ち込み、しっかりと固定します。

下地の上に新しい防水シートと瓦を貼り付けます。

瓦は無理やり差し込むと瓦内部が割れるので丁寧に設置します。

棟木も新しいものを取り付け、漆喰を塗っていきます。

漆喰を詰める作業は高度な技術力が必要です。

漆喰は適量よりも多く塗ってしまうと、

本来塗るべき箇所からはみ出た部分に雨水が当たり劣化が早くなります。

棟瓦を取り付けたら工事完了となります。

 

屋根の下地は瓦の下にあるので傷んでいても気づかない箇所です。

屋根瓦のひび割れや塗装の剥がれ、苔などは目に付きやすいですが、

下地の傷みは瓦を剥がさないと確認することはできません。

一般的に防水シートの耐用年数は15年~20年程です。

雨漏りする前に専門家に診断してもらうなどの対策を行いましょう。

 

最近は天気の移り変わりが多いですね。

お出掛けの際は常に傘を持っておくといいかもしれません。