広島市安佐北区で抜け落ちたのし瓦の補修リフォーム無料診断を行いました。

 

先日お客様から

「屋根の一階部分の上の方で瓦が崩れている部分があるんですが一度見てもらえませんか?」

とのご依頼を頂き、早速瓦屋根の無料診断を行いました。

 

屋根の上に登りますと、のし瓦が抜け落ちている箇所がありました。

この箇所は屋根と外壁に伝わった雨水が合流して水量が増える、

壁の取合部分となっているため、

のし瓦が抜けることにより、雨漏りする可能性が高くなります。

 

また、棟の漆喰の傷みが出ている箇所もありました。

奥に空洞になっている部分がありますが、雨水や湿気は

どんなに小さい隙間でも内部に侵入してしまいます。

 

屋根には必ず10年に一度のメンテナンスが必要です。

漆喰の劣化は、高温多湿の日本ではどうしても防ぐことが難しいと言われており、

メンテナンスをする事がとても重要になってきます。

 

のし瓦のズレは、一枚のみ外れている場合はコーキング等で再度のし瓦を挟むことで補修できます。

しかし、全体が傷んでいる場合はのし瓦部分の防水シート張り直しなどを含む葺き替えとなります。

また、棟の漆喰が傷んでいた場合は、軽度であれば漆喰の塗り直し、重度であれば棟の積み替えとなります。

判断が難しい場合は、早めに専門家に相談しておきましょう。

 

寒さが一段と厳しくなりましたね。

寒いと肩こりが起こりやすくなりますが、

湯舟に浸かることで楽になるそうです。

この機会にゆっくりとバスタイムを楽しんでみてもいいかもしれませんね。