広島県東広島市で漆喰剥がれている瓦屋根のリフォーム無料診断を行いました。

 

屋根漆喰が剥がれ落ち、中の赤土が見えています。

屋根漆喰とは、屋根と屋根の間を埋めて外部から雨水の侵入を防ぐ役割をしています。

屋根漆喰は日中は太陽光(紫外線)、

雨や台風になれば雨水にさらされている場所となる為、

時間が経つにつれ、ひび割れや剥がれが起こってしまいます。

漆喰が剥がれたままですと雨が降った際に屋根の内部に雨水が染み込み、

天井にシミが出来てしまう等お住まいを雨漏れさせてしまいます。

 

今回の様に屋根漆喰の剥がれや棟瓦のズレが大きい場合、

雨漏りなどを防ぐためには、棟の積み直しが必要となります。

一度棟を取り崩し再度積み直しを行うことで、

雨水を含んだ土を撤去し新しい土に取り替え、漆喰も塗り直しことができます。

漆喰は周りの環境にもよりますが寿命は10年と言われています。

メンテナンスを行えば漆喰も屋根も長くお住まいを守ることが出来ますので、

専門家に相談し、定期的にメンテナンスをしておきましょう。

 

病気と同様に早期発見が今のお住まいに永く住む秘訣になります。

小さな変化に気付き、早めに対処することで

お住まいと家族の安心と安全を守っていきましょう。