広島県東広島市で経年劣化によって

変色した外壁の修理リフォーム無料診断を行いました。

 

先日お客様から

「外壁がボロボロなので一度見て欲しい」

とのご依頼を頂き、早速外壁の無料診断を行いました。

 

お客様のお住まいは木造2階建ての住宅で

写真から見ても分かるように木材が古くなり、傷んでいました。

木材の劣化が進行し、木目が黒ずんでいます。

木製の外壁は自然ならではの味わい深さがありますが、3~5年ごとに

メンテナンスを行う必要があります。

また、屋外の木部は水分に弱く、紫外線や雨などの影響を直接受けるので

欠けやひび割れといった形状の変化が出やすくなります。

 

今回は木材を保護する塗料「キシラデコール」を使用した塗装工事を行いました。

キシラデコールは浸透性のある塗装材料で木材を内側から守り、

日光や紫外線による木材の劣化やカビ、白蟻の発生を防ぎます。

 

今回のように専門家の診断を受けることでお住まいの傷みを知り、

適切な対処を施すことができます。

お住まいに傷みや劣化の症状が現れたらすぐに専門の業者に診断を依頼しましょう。

 

年末恒例の流行語大賞も決まり、今年も残りわずかになりました。

最近は寒暖差が激しいので風邪を引かないようお気を付けください。